ミッキー・タリバン・アドヴェンチャー

source: x51.org






英国のスコットランド王立美術学院にて行われた今年の卒業制作展にて9.11の事件をモチーフにした「ミッキー・タリバン・アドヴェンチャー」なる作品が発表され、多方面から批判が集中し、物議をかもしているとのこと。この作品を制作した同学院4年のアラン・ベニー君はこの作品の展示に当たって、様々な批判を受けたという。ある美術ディレクターはこの作品を評して「ひどすぎる」として作品並びに展示を許可した同校を批判したが、同美術院の展示キュレーターはこの作品をひとつの「政治的、社会的意見のひとつである」と捉え、展示する事を許可し、展示続行を決めたのである。作品はほぼ全て布製のぬいぐるみで出来ており、ミッキーマウスがディズニー風の飛行機に搭乗し、ワールドトレードセンタービルを模したビルへと突撃して行くというもので、片方のビルは既に地面に崩れて涙を流し、もう一方のビルが今まさに迫りくる笑顔のミッキー・マウスに身体をくねらせて怯えている様子が描かれている。

英グラスゴー美術館ディレクター兼美術批評家のジュリアン・スポールディングは新聞の取材に対し、作品を評して以下のように語っている。「これではまるでディズニーが世界の諸問題の根源のようです。勝手すぎますね。ひどい作品です。」

しかし、同美術学院の作品展キュレーターであるコリン・グリーンスレイドは「この作品は考えさせるものがあると思う。これが特にショッキングなものだとは思わないしね。今やあのツインタワーはある種のアイコンになってるわけだ。あの事件で知人が巻き込まれたとか、あの時どこで何をしていたかとかそういう事に関係なく、誰でもあの事件に関して何か思うところはあると思う。」と語っており、作品の展示を続行する姿勢を見せているとのこと。

【追記】:また同校の発表によれば、今年は他にもネズミに毒を与えてその死にゆく過程を撮影したビデオ映画などが出品されたため、ミッキー・タリバン・アドヴェンチャーと共に批判が集中し、同校の教育姿勢を疑うといった辛辣な意見も寄せられているという。しかし、同校の展示ディレクター、コリン氏はそうした批判に対し、それらの作品も学生達のひとつの挑戦であると受け止め、展示を許可したと話している。


【参考】Daniel Libeskind | ジョンとヨーコは「イマジン」と言った

シュトックハウゼンの米国同時テロ事件に関する発言について

※また事件とは直接関係ないものの、今月初め、ミッキーマウスの公式肖像画家であったジョン・ヘンチ氏が亡くなったそうです。