アフガニスタンから盗まれた古美術品、イギリスの美術商が買い上げ返還へ

source: gigazine.net






British Museum to display millennia-old looted treasures from Afghanistan recovered by London art dealer | Mail Online

1990年代にカブールアフガニスタン国立美術館から盗難されて以後行方不明となっていた1世紀の象牙細工などの古美術品。昨年ロンドンのアートディーラーによって発見され、その匿名のディーラーが私財で購入し、大英博物館での展示を経て今年7月にアフガニスタンへ返還されることになったそうです。

東洋と西洋をつなぐシルクロード上に位置するアフガニスタンでは紀元前から豊かな文化が花開き、1922年に開館した国立美術館にはアフガニスタン各地の遺跡の発掘が進むとともに10万点以上の収蔵品が集まり一時は中央アジア最大規模の歴史的価値あるコレクションを誇っていたのですが、政情不安定だった1990年代の度重なる盗難により、実に70%もの収蔵品が失われてしまったそうです。

今回ロンドンのアートディーラーが買い戻した象牙細工は、1992年から1994年にかけて盗難されたもの。発見された場所や取引価格、ディーラーの名前は明かされていません。