病原菌やウイルスをガラスで

今回紹介するのは、ガラス彫刻で様々な病原体やウイルスの造形を制作するプロジェクト Glass Microbiology(グラス・マイクロバイオロジー)の紹介動画です。
彫刻や立体造形は、立体的な「形」の美しさにどれだけこだわれるかを追求する世界です。私たちは普段接しているものの「形」に無意識のうちに影響を受けていますし、目にするものの多くが自分のセンスを形作る大切な「形」となっています。

病原体やウイルスなどの造形は、私たちが目にすることのできない「形」です。私たち人間が普段目にしているものとは大きくかけ離れた造形の特徴を持っており、大きく拡大された形で透明なガラス造形の彫刻作品として目にした時に、新鮮な驚きが生まれます。

ガラスでできているからこそ、「形」をじっくりと見ることができます。人間が目にすることのないミクロの世界の中で、このような不思議で複雑な造形の世界が広がっているという事実は、人間の想像の世界を超えた現実が今ここにあることを意味しているのです。