独特の「線」で描く顔

今回紹介するのは、ペンで独特の「線」を描きながら人の顔を描くアーティスト Vince Low の制作風景動画です。
英語では絵の具を使って描くのを「paintin(ペインティング)」、線を使って描くのを「drawing(ドローイング)」と別の言葉で表現します。どちらも絵を描くのによく使われる手法ですが、このアーティストは「drawing(ドローイング)」で絵を描きます。

「drawing(ドローイング)」は、「dessin(デッサン:フランス語)」と同一の意味でもあります。線には線のクリエイティビティがあるので、どのような「線」の使い方を追求していくかでアーティストの個性・独自性を深めていくことができます。

Vince Low の場合は、適当に描いたような線が幾重にも重なることにより、立体的な人物の顔の造形がどんどん形になっていきます。自由な線の使い方が高度な造形センスにより統一感を持って一つの表現としてまとまり、独自性の高い絵画表現となっています。

『グレン・ビルプのドローイングマニュアル』

「古典絵画の手法」をベースに、動きや感情を伝える描画テクニックを学ぶ。