今回紹介するのは、3Dスキャン・3Dプリントの技術を使って、巨匠レンブラントの絵画を再現するプロジェクトの動画です。
3Dプリンターというと、プラスチック素材を利用したものが一般的なイメージですが、すでに様々な素材をプリントアウトする技術が登場しています。金属・ガラス・食材など様々な素材での3Dプリントが研究され、プリントアウトできるようになっているのです。

そして、そのような流れが絵画の世界にもやってきています。過去の名作絵画を絵の具の盛り上がりなどを含めて立体的にスキャンし、3Dプリントの技術を利用してストロークやタッチなどを立体的な盛り上がりのある絵画作品として再現することができたのです。

美術の世界では、長らく「オリジナル」が最も価値のあるものとして信じられてきました。しかし、もしこの立体的な3Dプリントの技術が人間の目にはわからないほどの精度で出力することができるのなら、「オリジナル」の価値は大きく変わることになります。