ペン型3Dプリンターで彫刻

今回紹介するのは、ペン型3Dプリンターでゲーム「ゼルダの伝説」に出てくる木のキャラクターを立体彫刻するメイキング動画です。
ペン型3Dプリンターは、3Dプリンターの登場とともに生まれ、様々なデザインのものが安価で手に入るようになっているアートツールです。シャープペンのようなペン先から熱で溶かされた樹脂が糸状に出てくるので、ペン先を動かして様々に造形していきます。

このペン型3Dプリンター、当塾でも2015年にいち早く入手しました。ちなみに、3Dプリンターも2015年に当塾の教室に導入しています。どちらも造形にはかなり時間がかかりますが、根気よくやっていけば、動画のように素晴らしい立体造形をすることができます。

この作品、立体造形のモチーフとしてゲームキャラクターを採用していますが、これも時代の流れ。もはやアニメやゲームは「未熟な子供が見るもの」ではありません。積極的にアートの中に取り入れられ、様々な作品のモチーフとして存在感を放っているのです。

3Dプリントペン Crenova

ペン型3Dプリンターも、現在ではかなり多くの製品が発売されています。