ゲルニカを立体作品に

今回紹介するのは、ピカソのゲルニカを3DCGで立体造形化したアート作品の動画です。
ピカソの「ゲルニカ」は、世界的にも非常に有名な作品。美術の教科書にも掲載されている、ほとんどの人が知っている作品。そのゲルニカの世界観を立体造形化、しかも立体物としての彫刻作品ではなく、3DCGとして画面の中で実現したのが、この動画です。

現実の世界と同様に、ネット上の世界も大きな存在感を持っているのが、21世紀の現代です。ディスプレイのという平面の中で3D(三次元)的な表現をする技術はすでに確立されているわけですから、としてこのような3DCGは、現代の「立体造形」だといえます。

ゲームの中のキャラクターを立体造形化するように(記事「ペン型3Dプリンターで彫刻」を参照)ディスプレイの中の世界を現実の立体造形として実現するやり方がある一方で、現実世界の立体をディスプレイの中で立体造形化するやり方もある、というわけです。

こちらは、パブロ・ピカソの「ゲルニカ」の大理石モザイクアート。「ゲルニカ」は、様々なアーティストたちの発想を刺激しています。