紙幣の人物を別人に

今回紹介するのは、絵を描く台紙として「紙幣」を使用し、紙幣の人物を別の人物に変えてしまうという動画です。
この動画、賛否両論だと思います。紙幣や硬貨を変質させることは法律で禁じられている場合があるからです。日本では、過去に「赤瀬川原平」という武蔵野美術大学出身のアーティストが、精巧な千円札の拡大模写を行い、大きな事件となったこともありました。

赤瀬川原平もそうですが、「表現の自由」「アートとしての素晴らしさ」と、「法律」「倫理」などが軋轢を起こさざるをえないものも、この世の中には数多く存在しています。これをアートとするか、法律違反とするか……判断はとても難しいです。

しかし美大受験生にとっては、これは自分の将来に関わってくる問題かもしれません。自分の制作物に対するコンセプトとそれが社会に与える影響、そういったものを普段からしっかりと考えていくことで、社会に対する自分の制作物の存在意義が大きく変わります。

芸術原論 (岩波現代文庫)

本記事で紹介した赤瀬川原平の著作。