拡張現実で空間に描画

今回紹介するのは、AR(拡張現実)という技術を利用して仮想空間上に「絵を描く」ことのできる技術 Gravity の紹介動画です。
「絵を描く」というと、画材を使って平面的な表現を目の前に作り上げることを意味します。しかし、そんな大前提が覆えるような技術が映像テクノロジーの向上によって生まれようとしています。それが、仮想空間上に絵を描くコンセプトの技術 Gravity です。

この技術は、動画にある通りいわゆる「支持体(紙やカンバスなどの絵の具などを付着させる、絵画を描画する画面のこと)」を必要としません。AR(Augmented Reality:拡張現実)という技術を使用し、空間に直接描画するというやり方を実現しています。

AR(拡張現実)は、カメラを通して映った映像には映し出されるが、肉眼では見えません。近年はスマホのアプリでも使用され、急速に普及してきています。この技術が当たり前になったら、「絵を描く」という概念そのものが変化する可能性があるのです。