今回紹介するのは、映画『2001年宇宙の旅』の映像シーンをパブロ・ピカソの絵画風に変換した動画です。
文芸の表現手法の一つに「パステーシュ」と呼ばれるやり方があります。アーティストの作風や雰囲気などを意識して模倣する「作品・作風の模倣」を表す言葉ですが、この動画の場合は、『2001年宇宙の旅』のパブロ・ピカソのパスティーシュ的作品だといえます。

このようなやり方は21世紀の現代では、コンピューターによって解析・分析を行い、「アルゴリズム(計算法)」を算出して簡単に実現するようになっています。例えば、Adobe Photoshop に昔からある、「写真を水彩画風にする」という機能がそれに当たります。

つまりこれは、芸術の世界で「パロディ・オマージュ・パステーシュ」の手法が、表現手法の価値を大きく損なう、ということでもあります。最終的には、アーティストの「私淑の心」だけがこれらの表現の持つ意味として残ることになるのではないでしょうか。