今回紹介するのは、レストランでインテリアとして使用される氷彫刻の制作過程を映したメイキング動画です。
このような氷彫刻、ただのインテリア要素として見逃してしまいますが、動画を見ればわかる通り、立派なクラフトアート(工芸芸術)です。とても素晴らしい造形美ですし、デッサン力の高さがあってこそ造形可能な、高度なアート作品だといえます。

出来上がった作品は、レストランの料理を演出するインテリアの1つとして使用されますので、長期保存を前提としていません。溶けてしまったら、それで終わり。これは、多くのインスタレーション作品でもある「その場限り」の体験型アートだとも考えられます。

だからこの氷彫刻は、高いアート性を備えています。美術館に飾られる作品だけがアートではありません。アートは常に我々の身の回りに存在します。身の回りの造形の数々がどのように作られたのかに興味を持てたら、それが美大受験のきっかけとなるのです。

こちらは、「氷彫刻用のノミ」。こんなプロ用用具が、普通に Amazon で販売されている時代です。