今回紹介するのは、代々伝統的に受け継がれてきた一筆書きで龍を描くテクニックを持つ「一筆龍 晄秋家」という職人的な絵画表現の紹介動画です。
20世紀の芸術は、自己表現の時代でした。写実的な表現から離れ、自分独自の表現をいかに追求していくかが大切なこととされてきたといえます。しかし、文化的・伝統的に受け継がれてきた職人的技術の中にもクリエイティブ性の高い物は多く存在しています。

この「一筆龍 晄秋家」もそのような歴史の重みに裏付けられた、驚異的な一筆描きのテクニックを持っています。長い歴史の中で、多くの先代達により継承されてきたテクニックを受け継いでいくことは、現代のような個人主義の時代にはかなりハードなことです。

このような技術は一旦失われてしまうと、二度と再現できない可能性があります。一切のヒントなく、たった一人だけの努力だけでこの技術を習得することを想像してみてください。その困難さとこの技術が継承されていることの価値の大きさが理解できるはずです。